Kindle本で毎月5万円稼ぐ方法

2020年8月2日

最低限、WordとPowerPointが使えれば、電子書籍の出版が誰でも可能となりました。

その門戸を大きく開いたのは、Amazonの電子書籍出版プログラムである「Kindle Direct Publishing(キンドル・ダイレクト・パブリッシング、以下、KDP)」です。

本記事では、そのKDPを用いて、電子書籍を出版し、毎月5万円稼ぐ方法をまとめてみました。

Kindle(キンドル)とは?

まず、初心者向けに、「Kindle(キンドル)とは何か?」について、説明します。

Kindleとは、Amazonの電子書籍リーダー端末、ソフトウェアおよび電子書籍関連サービスの総称です。

Amazonは、元々は、書籍を販売するECサイトとしてスタートしたこともあり、この電子書籍関連サービスも2007年開始と早い段階から力を入れてきたサービスです。

Amazonの電子書籍はKindle本と呼ばれたりします。

KDP(Kindle Direct Publishing)とは?

KDPとは、Amazonの電子書籍出版プログラムの名称です。

出版コスト(出版費用)なしに世界中で、Kindle本を販売することが可能です。

Kindle電子書籍出版のステップ1

電子書籍を出版するには、本文表紙の二つが必要です。

通常であれば、本文から作成するのが一般的だと思いますので、ステップ1は、本文を作成する手順となります。

書くことが、いくらでもあるという方は、いきなり、本文を作成していってもいいのでしょうが、そのような方は、ごく少数だと思います。

したがって、多くの人は、以下のプロセスを経るのがいいでしょう。

  • ブログを100記事程度書く
  • Kindle Unlimited(読み放題)を活用し、様々な知識を得ながら、電子書籍の構成や表現を学ぶ

前者の「ブログを100記事程度書く」というのは、「本文をいきなり100ページ書くのは大変なので、ブログで100ページ程度書きましょう」ということです。

もちろん、ブログ記事を、そのまま、電子書籍として出版できませんが、100記事程度書ければ、それらを編集したり、新たな文章を追加するという方法で、比較的カンタンに本文を作成することが可能です。

後者の「Kindle Unlimited(読み放題)を活用し、様々な知識を得ながら、電子書籍の構成や表現を学ぶ」というのは、前者と同時並行で行うのが効果的です。

Kindle Unlimited(以下、KU)は、月額980円で、KU対象(KDPセレクト)の電子書籍が読み放題となるサービスです。

現在、120万冊以上が読み放題対象となっています。

月額980円ですが、初回30日間は無料体験が可能ですので、この無料体験期間を使って、売れている電子書籍の構成や表現方法を学ぶのが、有効な活用方法です。

純粋に、自分の読みたい電子書籍を読んでいただいても、もちろん結構です。

そして、出来れば、自分が電子書籍を作成する上でヒントになりそうなコトを、読みながらメモしていくという方法を取れば、自分の電子書籍を作成する上で、役立つことでしょう。(まるごと模倣するのは、もちろんNGです。)

何せ120万冊以上が読み放題対象ですので、表紙をパッと見て、興味が湧きそうなものを、少しずつ、つまみ読みするような感じでも大丈夫です。

この二つを同時並行で進めていけば、初回30日間が終了する頃には、1冊分の本文を仕上げることが可能でしょう。

Kindle電子書籍出版のステップ2

表紙を作成するのが、ステップ2です。

カンタンに作成しようと思えば、非常にカンタンに出来ますし、手の込んだものを作成しようと思えば、それも可能です。

一つ確実に言えることは、電子書籍が売れるかどうかは、この表紙に大きく関係してくるということです。

いかにも素人っぽいものよりは、デザインがいかにもプロらしいモノのほうが、より多くの人が興味が湧くというのは容易に理解できることです。

ただ、これについては、好みが大きく分かれるところでもありますので、どちらかというと、まず、一冊、出版してみるという部分にフォーカスして、それなりに満足のいく内容であれば、そのほうが望ましいでしょう。

何冊か出版していく内に、表紙を作成するスキルも身についていきますので、出版済の電子書籍でも、後から表紙だけ変更するということも可能です。

Kindle電子書籍出版のステップ3

本文と表紙が出来上がったら、いよいよステップ3です。

ステップ3は、実際に、KDPから出版手続きを行うパートになります。

と言っても、出版手続き自体はカンタンです。

Kindle ダイレクト・パブリッシングにアクセスして、Amazonアカウントでログインし(Amazonアカウントが無ければ新規作成し)、以下のような手続きを進めていけば、いいだけです。

  1. 電子書籍の題名等、必要事項を順次、入力する
  2. 本文と表紙をアップロードする
  3. 電子書籍の希望小売価格を決める

あとは、Amazonの審査がパスすれば、半日~2日程度で、販売開始されます。

毎月5万円稼ぐ方法

電子書籍出版で毎月5万円稼ぐ方法は、シンプルです。

そのための条件は、以下の二つです。

  1. なるべく多くの電子書籍を出版する
  2. KDPセレクト(Kindle Unlimitedの読み放題)に登録し、希望小売価格は、250円~1,250円の間に設定する

電子書籍のジャンルやページ数にもよりますので、一律的なことは言いにくいですが、多くの電子書籍を出版していれば、読者の目にも留まりやすいですので、1冊の電子書籍で、だいたい毎月5千円程度は稼ぐことが可能です。

ということは、単純計算すると、10冊出版すれば、5万円稼ぐことは、比較的容易に可能だということです。

ただ、10冊出版するのが、一般的な人には大変かもしれませんが、ほぼ「ほったらかし」でも、5万円稼ぐことが出来るのなら、チャレンジしてみようという気にもなるのではないでしょうか。

もっと言えば、中身が充実しているものであれば、10冊で、数十万円も夢ではありません。

ぜひ、チャレンジしてみて下さい。