WordとPowerPointだけでKindle本を出版する手順

2020年7月25日

WordとPowerPointだけでKindle本を作成する手順 では、電子書籍の元データとなる「本文」と「表紙」を、WordとPowerPointで作成しました。

本記事では、実際に、KDP(Kindle Direct Publishing)で、出版する手順を説明します。

まず、以下のリンクをクリックします。

Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング

そうすると、以下のログイン画面が表示されますので、「サインイン」をクリックします。

なお、Amazonアソシエイトで、既に、Amazonアカウントは作成済と考えておりますが、まだの方は、「Amazonアソシエイト・マニュアル」の記事を参考にして、Amazonアカウントを作成してから、本記事をご覧になって下さい。

以下のログイン画面が表示されますので、「Eメールまたは携帯電話番号」と「パスワード」を入力し、「サインイン」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「電子書籍または有料マンガ」をクリックします。

そうすると、以下のような「Kindle 本の詳細」入力画面が表示されますので、「本のタイトル」から、必要な項目に入力し、「保存して続行」をクリックします。

(中略)

【注記】

(中略)部分で、恐縮ですが、オプションで、「キーワード」を7つまで、入力できる項目があります。

オプションですので、必ず入力しないといけない項目ではありませんが、入力する場合は、いくつかのNGキーワードがありますので、注意する必要があります。

一番気を付けないといけないのは、Amazon関連のキーワードです。

基本的に、AmazonアソシエイトやKDPセレクト等といったAmazonの固有名詞が入っているようなキーワードを入力すると、以下のように、審査に通らずに、修正してくださいといった内容のメールが来ます。(はい、私が、そうでした。汗)

その他にも、NGキーワードがありますので、OKかNGか分からない場合は、入力しないというのも一つの手ではあります。

そうすると、以下のような「Kindle 本のコンテンツ」画面が表示されます。

ここで、「WordとPowerPointだけでKindle本を作成する手順」で作成した「原稿(本文)」と「Kindle 本の表紙(表紙)」を、順番にアップロードし、アップロードが完了したら、「保存して続行」をクリックします。

そうすると、以下のような「Kindle 本の価格設定」画面が表示されます。

この画面で、実際に自分が出版する電子書籍の価格設定を行うことができます。

ここで、KDPセレクトというのは、「Kindle Unlimited」という月額980円で、対象本が「読み放題」のサービスがあるのですが、その「読み放題」に登録するかどうかの選択です。

KDPセレクトに本を登録し、ロイヤリティ「70%」を選択するのが、収益を効率良く貰えるベターな選択ですが、本の希望小売価格は、「250円~1250円」の間に設定する必要があります。

(中略)

以上で、Kindle本(電子書籍)の出版手続きは完了です。

あとは、出版されるのを待つばかりです。

正式に出版されれば、登録メールアドレス宛に、メールが届きます。(NGの場合も、 の注記部分で説明したように、メールが届きます。感謝)