e-Govを利用した算定基礎届の作成・提出手順

2020.07.04

事業主は、毎年1回、社会保険に加入している従業員の算定基礎届を提出する必要があります。提出期間は、「毎年7月1日から7月10日まで」です。(7月1日もしくは7月10日が平日の場合)

そこで、本記事では、e-Gov(イーガブ)を利用した算定基礎届および算定基礎届総括表の作成および提出手続きについて、説明します。(※e-Govの事前準備は済んでいるものとします。)

なお、前提条件としては、以下となります。

  • 社長一人の合同会社(パート・アルバイト等も雇っていない前提)
  • 社会保険は、協会けんぽに加入

算定基礎届の作成および提出手順

まず、以下のリンクをクリックして、e-Govの手続き画面にアクセスします。

健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「申請書を作成」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「e-Gov電子申請アプリケーションを起動」をクリックします。

そうすると、以下のような入力画面が表示されますので、必要事項を入力し、「署名して次へ進む」をクリックします。

そうすると、以下のような「証明書の選択」画面が表示されますので、証明書を選択し、「OK」をクリックします。

続いて、「PIN」を入力し、「OK」をクリックします。

次に、作成した申請届出書をe-Govに保管します。「これまでに作成した申請届出書をe-Govに保管します。」のチェックボックスに「チェック」を入れ、「保管」をクリックします。

次に、「ダウンロード」をクリックします。

そうすると、以下のようなポップアップ画面が表示されますので、申請届出書を保存したことを確認の上、「OK」をクリックします。

次に、作成した申請届出書を提出します。最初の画面より、「申請書送信」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「e-Gov電子申請アプリケーションを起動」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、前の手順で保存した預かり票を指定し、「読込」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、選択ボックスに「チェック」を入れ、「進む」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので「基本情報」を入力し、「進む」をクリックします。

次に、添付書類があれば追加し(なければ不要)、「進む」をクリックします。

最後に、申請届出する項番1に「チェック」を入れ、「チェックした申請届出書を提出」をクリックすれば、完了です。

算定基礎届総括表の作成および提出手順

続いて、算定基礎届総括表の作成および提出手続きを行います。

まず、以下のリンクをクリックして、e-Govの手続き画面にアクセスします。

健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届総括表

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「申請書を作成」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「e-Gov電子申請アプリケーションを起動」をクリックします。

そうすると、以下のような入力画面が表示されますので、必要事項を入力し、「署名して次へ進む」をクリックします。

そうすると、以下のような「証明書の選択」画面が表示されますので、証明書を選択し、「OK」をクリックします。

続いて、「PIN」を入力し、「OK」をクリックします。

次に、作成した申請届出書をe-Govに保管します。「これまでに作成した申請届出書をe-Govに保管します。」のチェックボックスに「チェック」を入れ、「保管」をクリックします。

次に、「ダウンロード」をクリックします。

そうすると、以下のようなポップアップ画面が表示されますので、申請届出書を保存したことを確認の上、「OK」をクリックします。

次に、作成した申請届出書を提出します。最初の画面より、「申請書送信」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「e-Gov電子申請アプリケーションを起動」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、前の手順で保存した預かり票を指定し、「読込」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、選択ボックスに「チェック」を入れ、「進む」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので「基本情報」を入力し、「進む」をクリックします。

次に、添付書類があれば追加し(なければ不要)、「進む」をクリックします。

最後に、申請届出する項番1に「チェック」を入れ、「チェックした申請届出書を提出」をクリックすれば、完了です。