Windows10が正常に起動しない時の為に設定丸ごとバックアップする手順

2020.03.07

Windows10のパソコンを使っていると、正常に起動しない時がたまに起こります。

状況によっては、出荷時の状態、つまり、まっさらの状態に戻す必要がありますが、設定も含めて丸ごとバックアップを取っていれば、ほとんどのケースでは、バックアップした時の状態にまでは戻すことが可能です。

そこで、以下に、その手順を説明します。

Windows10が正常に起動しない時の為に設定丸ごとバックアップする手順

まず、設定丸ごとバックアップするための外付けのハードディスク等を準備します。

外付けのハードディスク等は、バックアップしたいパソコンのシステムドライブ(通常、Cドライブのケースが多い)の容量以上のものが必要となります。

また、バックアップにハードディスクを利用する場合は、NTFSでフォーマットされている必要があります。

では、以下に、具体的な手順について、説明します。

Windows10の「スタートメニュー」→「Windows システムツール」→「コントロールパネル」の順にクリックします。

そうすると、標準では、以下のような画面が表示されますので、「バックアップと復元(Windows7)」をクリックします。ここで、「Windows 10」なのに、なぜ、「Windows 7」なのだろうと疑問に思われた人がいらっしゃるかもしれませんが、「Windows 7」で合っていますので、ご心配なく。詳細は、別記事に譲ります。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「システムイメージの作成」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「バックアップの保存先」を選択し、「次へ」をクリックします。なお、普段、使用しているWindows 10のパソコンが正常に起動しない場合を想定していますので、外付けのハードディスク等が望ましいです。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、内容を確認し、問題なければ、「バックアップの開始(S)」をクリックします。

以下のような画面が表示されれば、バックアップは正常に完了しています。「閉じる」をクリックします。

次に、以下のようなポップアップ画面が表示されますので、「いいえ(N)」をクリックします。なお、ここでは、設定内容や追加したアプリも含めて丸ごとバックアップを取ることを想定していますので、「システム修復ディスク」を作成しませんが、回復ドライブ等を、作成していない場合は、作成しておくのも一つの手でしょう。

さいごに、該当ハードディスク等に、きちんとシステムイメージが作成されているか確認しておきましょう。

いかがでしょうか。

起動しなくなってからでは遅いですので、定期的に、最新の状態で作成することをオススメします。

関連書籍


Windows 10 パーフェクトマニュアル

今すぐ使えるかんたん Windows 10 [2020年最新版] (今すぐ使えるかんたんシリーズ)