WordPressテーマ・マニュアル

2019.02.11

WordPressの大きな特徴に、「テーマ」という概念があります。

「テーマ」とは、WordPressのデザインを司るもので、ブログの見た目を簡単に変えることができる、いわば、テンプレートのようなものです。

この「WordPressテーマ・マニュアル」では、その操作方法を解説します。

ご自分のブログ(WordPress)にログインします。

そうすると、以下のようなWordPressの管理画面であるダッシュボードの画面が表示されます。

左側のメニューの項目の中に、「外観」というメニューをクリックします。

現在(2019年2月1日)、WordPressをインストールした時に有効化されているテーマは、「Twenty Nineteen」となっています。

デフォルト状態で、いくつかのテーマがインストールされています。

以下の例では、テーマ 「2」と表示されているので、2つのテーマがインストールされていることが分かります。

もう一つのテーマに変更するには、右のテーマの上に、カーソルを持っていき、「有効化」ボタンが表示されたら、その「有効化」をクリックします。

そうすると、以下のように、右と左のテーマが入れ替わり、左に「Twenty Seventeen」が自動的に移動し、有効という表示に変わります。

また、「新しいテーマを有効化しました。」という表示が表れているのにも気づかれたと思います。

これまでの手順は、WordPressをインストールした時に、デフォルトでインストールされているテーマの例で説明しました。

実は、このテーマは、無料のテーマと有料のテーマがあり、その数は、数千以上あります。

これらの数千以上のテーマの中で、「WordPress.org」というWordPressに関する様々な活動をしているコミュニティによって、登録希望があったテーマを評価し、一定の基準を満たしたものを、テーマのディレクトリに登録しています。

したがって、ダッシュボードから、テーマを簡単に入れ替えられるようになっています。

具体的には、「新規追加」をクリックします。

そうすると、以下のような「注目」というテーマの一覧が、「15」テーマ表示されているのが分かります。

この中から選んでも構いませんが、ここでは、もう少し説明するために、「人気」という項目をクリックしてみます。

そうすると、「3812」のテーマが一覧表示されています。

このように、非常に、たくさんのテーマが登録されていますので、そこから、自分好みのテーマを選択すればいいわけです。

実際には、多過ぎて、どれを選べばいいか分からない状況だと思いますので、オススメのテーマについては、別の記事でご紹介いたします。

ここでは、次に、説明を続けます。

ここでは、二列目に表示されている「Astra」というテーマを選択したとして、テーマを変更する手順を説明します。

他のテーマでも、方法は全く同じです。

インストールしたいテーマの上に、カーソルを持っていくと、「インストール」ボタンが表示されますので、その「インストール」ボタンをクリックします。

そうすると、以下のように「インストール済み」という表示が現れ、さらに、「有効化」ボタンが表示されますので、その「有効化」ボタンをクリックします。

そうすると、以下のように、「Astra」のテーマが画面の一番左上に自動的に移動し、「新しいテーマを有効化しました。」という表示が現れます。

新しいテーマが、そのように表示されているのかを確認したければ、「新しいテーマを有効化しました。」の右の「サイトを表示」のリンクをクリックするか、ブログのタイトル(この例では、「SAMPLE BLOG」)部分をクリックします。

そうすると、以下のように、実際の表示画面が表示されます。

以下の例では、テーマを選ぶ時のサンプルと、かなり大きな違いがあります。

これは、サンプル画像等をたくさん貼り付けて、見栄えを良くしているのに対して、そのサンプル画像等が何もない素(ス)の状態との違いです。

テーマのサンプルと同じように、画像等をたくさん貼り付ければ(記事を投稿等すれば)、同じような見栄えとなります。

したがって、有効化した段階で、見栄えのするものが良ければ、有効化した後の画面を今回のように表示して、好みに合うものにするという手もあります。

いずれにしても、非常にたくさんのテーマがありますので、選り取り見取りではあります。

ダッシュボードに戻るには、左上のブログタイトル(この例では、SAMPLE BLOG)をクリックします。

ダッシュボードに戻り、例えば、想像したのと見栄えが違ったので、やっぱりテーマを変更したいという場合は、その変更したいテーマの上に、カーソルを持っていき、「有効化」ボタンをクリックすればいいだけです。

以下の例では、「Twenty Seventeen」テーマを有効化しています。

「有効化」が完了すると、これまで同様、一番左上に、選択したテーマが自動的に移動し、「新しいテーマを有効化しました。」という表示が現れます。

「サイトを表示」のリンクか、左上のブログタイトル(この例では、「SAMPLE BLOG」)をクリックすると、実際の表示画面に遷移します。

実際に遷移した画面が以下です。

この「Twenty Seventeen」の場合は、テーマを選ぶ時のサンプル画面と同じような表示となっています。

実際には、サンプル画像も一緒にインストールされているかどうか等の違いなのですが、初心者の方からすると、こちらのほうが有り難いのかもしれませんね。

ダッシュボード画面に戻るには、同じく、ブログタイトル(この例では、「SAMPLE BLOG」)をクリックします。

あとは、自分好みのテーマが見つかるまで、同じことを繰り返せばいいだけです。

正直、たくさん有り過ぎて、どれを選べばいいか困るというのが本音だと思います。

そういう人のために、別記事にて、オススメのテーマおよび注意点をご紹介したいと思いますので、そちらも合わせて、参考にしてください。

オススメ書籍

本当によくわかるWordPressの教科書 改訂2版 はじめての人も、挫折した人も、本格サイトが必ず作れる