弥生会計20へバージョンアップする手順

2020.02.09

本記事では、デスクトップアプリ、つまり、ご自分のパソコンにインストールして使うタイプのソフトウェアである弥生会計スタンダードの最新版、弥生会計 20へ、弥生会計 19からバージョンアップする手順を説明します。

弥生会計 20

最初に、デスクトップ等にある「弥生マイポータル」のアイコン(ショートカット)をダブルクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「オンラインアップデート」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「弥生会計 20 スタンダード 新製品導入パック」を選択し、「アップデート(U)」をクリックします。

そうすると、以下のような「弥生ダウンロードマネージャー」の画面が表示されますので、「インストール」をクリックします。

そうすると、以下のような「使用許諾契約」の画面が表示されますので、「使用許諾契約の条項に同意します」のチェックボックに「チェック」を入れ、「次へ」をクリックします。

そうすると、以下のような「インストール先の選択」画面が表示されますので、任意のフォルダを選択し(そのままでも結構です)、「次へ」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「開始」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「完了」をクリックして、アップデートは完了です。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「弥生会計 20のライセンス認証を行ってください」のリンクをクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「ライセンス認証を開始する」ボタンをクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示され、ライセンス認証の手続きも完了です。「画面を閉じる」をクリックして、画面を閉じます。

 続いて、これまでの「弥生会計 19」で使用していたデータを「弥生会計 20」で使用できるよう、以下のようなポップアップ画面が表示されますので、「はい(Y)」をクリックします。

そうすると、以下のような「データコンバータ」画面が表示されますので、「次へ(N)」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が表示されますので、「終了」をクリックして、完了です。

いかがでしたか?

バージョンアップ(アップデート)自体は、ものすごく簡単にできます。